<< グランドサークル 4日目 ① グランドサークル 3日目① >>
グランドサークル 三日目②
三日目 モニュメントバレーへ

Welcome to Utah (ユタ州へようこそ)の看板を過ぎるとすぐに、
待っていました~!この景色。 モニュメントバレーです。
f0020905_5445225.jpg
ボコッ ボコッ ボコッ と、落ちてきた物のように見えるし、もしくは盛りあがってきたのか?
とも思わせられる。 が、実は、浸食を繰り返したあとの、残り物なのですね。この岩たちのてっぺんが、かつての地面だったところ。要するに、グランドキャニオンでは、この「てっぺん」に当たる場所に立って、見下ろしていたというワケ。そして今ここでは、谷底から見上げているのだ。
f0020905_5451194.jpg
モニュメントバレーといえば、これでしょう?な、三つ揃ったお決まり写真。
f0020905_5455827.jpg

って言っても、見たことない方たちには大きさも伝わりませんね。ただ岩がボコボコ立ってるようにしか見えないかも。というわけで、人が入ってる写真も。
f0020905_5453147.jpg

実は今回、ここに来る前に電話での念入りな下調べ・予約をしておいた甲斐があって、
自らも写真家であるナバホインディアンの方に、特別にガイドをお願いすることが出来ました。
観光客用のバレーツアーとは思考を変えて、撮影のみにフォーカスしたツアー。
「地学的なことや歴史は、ガイドブックを読めばわかるから、説明はいいよ」と、サラッとした父と相方。そんなことより観光客が行かない撮影スポットへ連れて行ってくれ、というわけです。

事前に「事故や怪我は自己責任で」みたいな書面にサインをした私たちは、「うそ?まじで?(笑)」な崖っぷちをロープも無しに上り下り。母と姉は「ここで待ってる~」と、怖気づくくらいの崖くだり。もちろん、父の三脚持ち30年の私も、下りました。ガイドさん、スイスイ下りて行ってしまって待ってくれません。夕日が沈む時、西日が当たるオレンジの岩と深い空の青のコントラストが美しいので、太陽の位置がとっても大事。待てないのはわかるのですが、はっきり言って、Picacho Peak の崖より怖かったです。

おかげで父も相方もいい写真が撮れたようです。父の写真はたぶん道美展、その他ギャラリーで、相方の写真は TCC の Home & Garden Show などで見れるかも。

f0020905_5463466.jpg

↑翌朝も、日の出前に起床。 朝日を拝んで安全な旅を祈って、出発。次なる目的地で更なるワガママ写真家ツアーが待っているので急がねば。

モニュメントバレーといえば、ジョン・フォード監督の「駅馬車」など、西部劇の撮影場所として有名。でも、特に西部劇ファンではない私にとっては、こっちだな↓
f0020905_5461854.jpg

映画観た人しかわからないと思いますが、道路の左奥、サメの背ビレみたいな岩、「イージーライダー」に出てましたね。

f0020905_5465017.jpg
晩御飯に食べた、ナバホタコ。
タコサラダみたいなものですが、
パリパリのタコシェルではなく、
揚げパンみたいなフワフワ。
美味でした。
小さいほうのサイズを頼んで、
大人二人で多いくらい。



モニュメントバレーは、potatochips さんのブログにと~っても詳しい情報が載っています。Wikipedia にも、いい写真あり。
行ってみたい方は、そちらも参考に^^
[PR]
by ezoist | 2007-06-18 05:46 |
<< グランドサークル 4日目 ① グランドサークル 3日目① >>