<< Chaco Culture N... 温泉巡り ~Manby, Bl... >>
Bandelier National Monument からまたまた温泉~Jemez Springs~ New Mexico
翌朝は朝からネイティブアメリカンの遺跡のある Bandelier National Monument へ。 

バンデリア国定公園へ向かう途中、サンタフェから車で約一時間の高台にロスアラモスという町があるのですが、第二次世界大戦中に原爆の研究が行われ、原爆誕生の地としても知られるロスアラモス国立研究所がある町です。 現在でも、一般人は立ち入り禁止な原子力の研究所がたくさんあり、セキュリティーも厳重で、町を抜けて公園へつながる州道501には検問所もありました。

そんな「科学の町」な高台から見下ろす Frijoles Canyon (Frijoles = フリホレス、スペイン語でインゲン豆) という峡谷のふもとに、ひっそりと、しかしかなり大規模な集落の居住跡が残されています。 このフリホレスキャニオンには1万年前から狩猟民族が行き来していた痕跡が残されているそうです。 そんな前から?!って知ってしまうと、「私もここに住んだことがあるかもしれない・・・なんだか懐かしい気がする!」なんて、思えてきてしまうから不思議です(笑)
f0020905_1164751.jpg
ここにアナサジ族が住んでいたのは1150~1550年頃とされていますが、この時代のプエブロ民族の居住跡とこのバンデリア遺跡の大きな違いはその建築法。 Gila Cliff DwellingsMontezuma Castle などのように、もともとあった岩壁の大きな洞穴を利用して日干し煉瓦で壁を作って住居にしたのと異なり、バンデリアは岩壁を掘って穴を作った横穴式住居。 一つ一つの部屋はとても小さく、中で隣同士の部屋が迷路状につながっていたり、高いところは梯子を使わないと入れなかったり。 穴の中の天井は、真っ黒。 火を使っていた跡ですね。 そんな穴がこの岩壁の下のほうにずーっと続いているのです(だからインゲン豆なのか?)。 このあたり一帯がもともと火山地帯だったので、火山活動によって出来た火山灰の層はやわらかく、掘りやすかったのでしょう。 賢いなぁ、昔の人は。

**************

そして、歴史のお勉強のあとはまた、お楽しみの野湯へ。 Jemez Springs へと向かいました。 Jemez Springs は野湯も公共のお風呂もある、言ってみれば「小さな温泉郷」。 私達はまずは野湯から。 たくさんある中から今回は3箇所選んでいたのですが、そのうち二つは直前3日ほど降り続いた雨により道路が悪く山に入れなかったり、雨で水量が増えた川が温泉に流れ込んでお湯が冷たかったり。 で、やっと入れたお風呂が Spence Hot Springs。
f0020905_1172094.jpg
感動でした。 今まで訪れてきた野湯の中で一番景色がいい! 山の中腹にあるこの岩風呂、目の前に広がる景色、私の背後に高級温泉リゾートホテルが建っていてもおかしくないロケーション。 ほんと、数万円払って泊まった山の上のホテルの露天風呂にいるような眺めでした。 しかもこの岩風呂は二段になっていて、上の段から下の段に流れ落ちるお湯はまさに「打たせ湯」。 極楽~♪ お湯に浸かりながら、ワインとクラッカー、チーズなどで軽めのランチピクニックを楽しみました。 ここ、すっごいオススメです。

さてお次は、石鹸使ってもオッケーなバスハウスのある温泉へ。 Jemez Springs の町にあるThe Giggling Springs という小さいけど可愛らしいお風呂です。
f0020905_117406.jpg
露天風呂が一つ。 でも、ここのお風呂の温度はかなり日本の温泉の温度に近いかも。 最初の一歩が「あちちっ」って思うくらいのいいお湯。 夕方になってかなり気温が下がってきていたので熱いお風呂に大満足でした。

この日は、Jemez Springs から2マイル南へ行ったところの Vista Linda キャンプ場でキャンプ。 事前に調べたところ、このJemez 山にはたくさんキャンプ場があるのですが、季節によっては超乾燥地帯なため、キャンプファイヤー禁止なキャンプ場が多いのです。 この Vista Linda キャンプ場は川っぷちにあるため、キャンプファイヤーオッケー。 これ大事です。 ここはセドナ?って思っちゃうくらいの赤岩キャニオンに囲まれた、キレイなキャンプ場でした。 
f0020905_118076.jpg
この日の晩御飯は、鶏の手羽先焼き、焼きとうもろこし、インスタントお味噌汁にビール。 せっかく石鹸使ってお風呂に入ったのに、煙モクモクの手羽先焼いたら、すっかり焼き鳥屋さんの匂いに包まれてしまいました。 キャンプなんてそんなもんですね。 朝ごはんはジャーマンポテトです。

帰ってきてもう一週間が経ってしまいました。 と同時に仕事に戻ったのもあり、更新がままならない状態ですが、旅の記録はまだ続きます。 興奮が冷めないうちに更新したいと思っていますー。 あと、野湯への行き方、詳細なども時間のあるときに記事に追加していく予定です。 気長にお付き合いくださいまし♪
[PR]
by ezoist | 2008-09-16 01:08 |
<< Chaco Culture N... 温泉巡り ~Manby, Bl... >>