カテゴリ:遊( 47 )
The Cat Walk
三日目、帰りに The Cat Walk という渓谷に立ち寄りました。 ここに来たのは5年ぶり。
この近郊はもともと鉱山があったところで、鉱山が閉鎖された後、この渓谷から鉱山に水を引いていた水道管を利用して歩道橋を作り、2.2マイルの渓谷トレイルが出来たそうです。
f0020905_031184.jpg
昔よく遊びに来た滝つぼ。 5~6年前は20mくらい深さがあって、よく岩の上から飛び込んで遊んだのでしたが・・・度重なる洪水で、滝つぼに土砂が積もり、今では膝下くらいの深さしかありませんでした。 でも、花子を遊ばせるには丁度いい深さだったのですけど^^ 久しぶりの飛び込みをしたかった私達には、ちょっと物足りず(笑)

それでも、水の流れる音を聞きながらの渓谷散策は、爽やかで気持ちがよかったです♪
これにて、先週末のキャンプ記事はおしまい。 さて、次のアドベンチャーの計画を立てねば・・・

行ってみたい方へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

The Cat Walk 詳細
[PR]
by ezoist | 2008-08-23 00:03 |
Gila National Forest Camping *二日目*@Sundial Hot Springs & Gila Cliff Dwellings
二日目の朝、キャンプ場から3マイル先にある、Gila Cliff Dwellings National Monument へ。 ここは、約700年前に、Mogollon(モゴヨン)民族が住んでいたといわれる、岩窟居住跡です。 岩窟居住は、切り立った岩壁などに雨水や風による浸食で自然に出来た洞穴を利用して建てた住居。 ここの居住跡は、5つの洞窟に全部で40部屋ほどがあったようです。 谷には Gila River が流れ、そのほとりでトウモロコシや豆などを栽培し、シカなどを狩猟して暮らしていたようです。
f0020905_1232781.jpg
この Gila National Forest (国有林)地帯は、1924年にアメリカで一番最初に自然保護地域として指定されたところなので、それ以降、手付かずのままの自然がそのまま残され、開発は一切ありません。 なので、この岩窟居住が建てられた頃、ここに住んでいた人たちが見ていた景色を、今私が同じ場所に立って見ているのか・・・と思うと、なんだかとても不思議。 
f0020905_1235430.jpg
自然保護地区なだけあって、その景色の美しさといったら!! 道もないこんな深い山奥に集落を作って住んでいた人たちがいたなんて・・・・。今だって、最寄の街 Silver City からこの国定公園として保護されている岩窟居住跡へ行くための道路が一本あるだけです。 その道路(NM15号)ですが、目が回るくらいのUカーブが60マイルほど続くので、帰り道は途中からNM35号→NM152号→US180号を通って Silver City へ戻るのが、私達のお決まりコースです。 地図上では遠回りに見えますが、実際にかかる時間は同じくらい。 NM35号沿いには、綺麗に整備されたRanchやポンデローサ原生林があり、ジャンキーじゃない美しい部分のカントリー風景が見れます。 ↑の滝は、Bear Canyon Waterfall。 道路沿いにあります。(Mimbres に入るちょっと手前右側)
*****************
さてさて、ちょっと歴史のお勉強をして、ぐるぐる走って田舎の景色を堪能したら、二軒目の温泉へ。 二泊目は、Sundial Hot Springs という、前日に泊まったところよりもう少し「人の手のかかった」温泉です。 ここも、宿泊施設はなく、RVとテントキャンピングのみです。 お風呂は、セメントで固められた岩風呂。 とってもキレイなお風呂でした。 ここは、ガラスのビンやグラスじゃなければ、お風呂にお酒持ち込みオッケーデス!!Yeah!!
f0020905_240885.jpg
浴槽は、Small Pool (①)と Big Pool (②)と呼ばれる二段式のお風呂の二つ。 予約制で、二つのお風呂を完全貸切です。なので、水着はオプショナル。 夕焼け見ながら露天風呂でビール、最高っすね~♪
f0020905_2402541.jpg
そうしてお風呂上りの晩御飯は、おまちかねのハマチかま&手羽餃子!パプリカ・マッシュルーム・ズッキーニ・茄子・・・のホイル焼き。 むひひひひ。 言葉が出ません。 Life is good~♪ 翌朝ごはんは、相方作「野菜の残りを全部入れたオムレツ、チーズ入り」。 クロワッサン、焚き火でさっと炙ると、外がパリッ中がフワッとなって美味しいのです。 自然の中で食べるごはんって、どうしてこんなに美味しいのでしょうね?!

行ってみたい方へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Gila Cliff Dwellings と Sundial Hot Springs 詳細
[PR]
by ezoist | 2008-08-21 01:25 |
Gila National Forest Camping *一日目* @ Gila Hot Springs
今回のキャンプの目的は、温泉巡り。 二泊三日でニューメキシコ州の Gila National Forest へ行ってきました。 Gila と書いて「ヒラ」と読みます。 私達夫婦の間では、通称「ヒラヤマ」。 ヒラヤマですが、標高3000mを超える山々が連なる大きな山岳地帯です。 

まだエルパソに住んでいた独身時代、この山には仕事でも毎年来ていました。 私が勤めていた団体主催の聴覚障がい児サマーキャンプが、毎年この山で行われていたので、全米とメキシコから集まった300人近い deaf の子供たちを連れて、二週間の山篭りをしていました。 

そんな仕事をとおして知ったこの山。 調べてみると温泉は沸いてるし、釣りが出来る大きな川も流れているし、キャンプ場もハイキングトレイルもたくさんある。 もちろん仕事のサマーキャンプ以外でも、週末によく遊びに行くようになりました。 相方と知り合って初めて一緒に行ったキャンプが7年前の8月、ここ Gila Hot Springs でした。 その後お気に入りの場所になり、何度もキャンプをしに行った温泉でした。 今回、記念日週末と言うこともあって、昔懐かしのヒラヤマを、再度訪れてみることにしたのでした。
f0020905_3325278.jpg
変わらずそこにありました。 川のほとりに作られたこの3つの岩風呂は、大雨による洪水で何度も流されては建て直し・・・を繰り返しているそうです。 セメントで固めていないお風呂の底は、川底の砂。 静かに入らないとお湯が濁ってしまうのですが、そんな自然体を楽しめる野湯な雰囲気が、これまたいいのです^^ 周りは岩山と川に囲まれ、キャンプ場と言っても個人所有の小さなところで、いつ行ってもほとんど誰もいません(笑) 流木と鹿の角などで作られたシンプルなデコレーションが、素朴なニューメキシコ州らしくていい雰囲気です^^
f0020905_4261566.jpg
この日も、キャンプをしていたのは私達と、たぶん長期滞在と思われるもう一組だけ。 「水着無しでオッケー」なお風呂に一番近いところにテントを張って、タオル一丁で食べる→飲む→お風呂→食べる→飲む→お風呂→飲む→お風呂の繰り返し(笑) うぅぅー極楽。 お風呂とキャンプファイヤーを行ったり来たりしながら、その都度飲んでつまんでを繰り返すことが分かっていたので、この日の晩御飯は、焼き鳥(笑) たき火と炭だけ絶やさなければ、好きなときに好きなだけ焼いて食べられる、夜更かしキャンプには欠かせないアイテムです。

この日は夕方に一時間ほど大雨がふったので、蚊もハエも飛ぶ虫は一匹もいないという、ものすごく快適なキャンプでした! 

かなり遅くまで飲んで食べていたにもかかわらず、寝起きの朝風呂ですっきりしたら、朝ごはんもしっかりと。 山の中、新鮮な空気につつまれて食べるごはんは最高♪

行ってみたい方へ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Gila Hot Springs 詳細
[PR]
by ezoist | 2008-08-20 03:56 |
Bog Spring to Kent Spring Trail @ Madera Canyon
今週末はツーソンの南、Santa Rita Mountains にある Madera Canyon へ行ってきました。 
f0020905_0515438.jpg
f0020905_1121110.jpg予定では、友達と合流して Bog Spring Campground でキャンプ一泊だったのですが、土曜日にどうしてもはずせない用事が出来てしまい、キャンプは断念。 日曜の朝に、予定通りキャンプをしていた友達たちと遅めの朝ごはんで合流、一緒にハイキングへ出かけたのでした。 でも、予定通り土曜日からキャンプに行ってたら、日曜の朝のダブルレインボーは見れなかったのだから、これでよかったのだヮ。

キャンプサイトから Bog Spring Trail を通って、Kent Spring まで3.4マイル。 Bog Spring は名前だけ?って感じで、水の気配はどこにもなく。 でも、Kent Spring はちゃんと入って遊べるほど小川になっていました! (←花子様大喜び。)

Madera Canyon も、レモン山ほどではないけど涼しいです。 山を登っていくにつれ、どんどん涼しくなって行く感じ。 トレイルは、最初の 0.7 マイルはゴツゴツした砂利道ですが、そのあとは日陰の柔らかい湿った土。 ワンコ連れには嬉しい歩きやすいトレイルです。 Sycamore (カエデ) や Juniper (ヒノキ科のセイヨウネズ)など、香料やセラピーなどに使われる木がたくさん生えているので、空気がいい匂い!そこにいて呼吸をしているだけで癒されているような気になります。
f0020905_1225610.jpg
アーティストがデザインしたようなお花。 自然の創り出すものの摩訶不思議。 見惚れてしまいました。
それに! ツノガエル(←大人になるとスゴイ)の赤ちゃん~! かーわーいーいー! 指の関節一つ分の大きさなのに、怪獣の風格(笑) 連れて帰りたいくらい可愛かったです。 

Madera Canyon は、バードウォッチングが楽しめる場所としても知られています。 私達が歩いたトレイルでも、色とりどりのキレイな鳥達にたくさん出会いました。 望遠レンズを持っていかなかったので、写真は撮りそこねましたが、幸せの象徴、青い鳥がたくさん飛んでいましたョ。 
[PR]
by ezoist | 2008-08-06 00:54 |
Butterfly Trail to Crystal Spring @ Mt. Lemmon
久々の山歩きは、涼しい Mt. Lemmon へ行ってきました。 涼しいというより、車を降りたとたん、「さぶっ・・・」ブルブル。 嬉しそうなのは、花子様でした。 私はジャケット持って行ってよかったデスってくらいの気温でした。
f0020905_031463.jpg
なんだかぜんぜん砂漠じゃない景色ですね。 モンスーン真っ只中のおかげで、緑がワッサワッサしています。 黄色いオダマキや真っ赤なアザミがたくさん咲いていて、いかにも「毒キノコ!」な大きなきのこも、松葉で覆われたトレイルに鮮やかな色を添えていました。

オダマキがたくさん集まって咲いていたところまで、トレイルの入り口から20分くらいだったので、ちょっと真夏の砂漠から逃避して涼しい景色を見たい方は、行ってみてはいかがでしょうか。 Crystal Spring まで行くと、往復 7.3 マイル、約4時間のハイキングになります。 

********

トレイルヘッドにトイレ有り。
トレイルは、Dog Friendlyです。
[PR]
by ezoist | 2008-07-21 23:57 |
お気に入りの散歩道 ~Rillito River Park~
最近、ここばっかりです。 だって、木陰が続く散歩道なんて、ツーソンではめずらしいし。
ここ、いいですよー。 Northwest 方面のご近所さん。
Rillito River Park の、La Cholla と La Canada の間です。 
パーキングには、トイレもワンコ用水のみ場もあります。
f0020905_4172888.jpg

とにかく暑いここの夏、だからと言って花子の散歩をしないわけにはいかないし。
私も花子も運動しないとストレスがたまるあたりは、同類らしい(笑)

何百メートルかこんな感じが続くので、5往復くらい花子とジョギングします。

最近、相方が仕事に出るのが朝早いおかげで、時間が有効に使えてるようです。
5時前に起きて、6時前には相方が仕事に行くので、私も即出かける準備をして、7時からのヨガクラスへ。 
9時ごろ帰ってきたらそのまま花子を連れてお散歩/ジョギングへ。
帰ってシャワーを浴びても11時にはヨガ+花子という大事な日課が片付いてるわけです。

お昼から午後にかけてまとまった時間が持てると、今まで時間がなくて出来なかったことがどんどん片付いていって
気持ちいい。 あと残り一ヶ月の夏休み、有意義に過ごさねば。

[PR]
by ezoist | 2008-07-19 04:30 |
Barrio Brewing Co.
f0020905_13184372.jpg
ツーソンのダウンタウンにある、この地ビール屋さん。 この週末、初めて行きました。この1ブロック南に、いつも行ってるファーマーズマーケットがあるのに、この地ビール屋さんには今まで気づきもせず。 建物の前に車がずらりっていうのも、なんだかアメリカ。

こういう倉庫跡っぽい雰囲気、気取らなくて好きです^^ この地ビール屋さん、線路沿いにあって、貨物列車が通ると会話不可能なくらいの騒音。 しかもアメリカの貨物列車は半端じゃないくらい長い!のろい!のです。 だから、その間はすべてのドリンクが一杯@$2.50 になっちゃうなんて、こりゃ美味しい♪

f0020905_1319227.jpg運転手だった私は帰ってきてから飲みなおし。 私達がキッチンカウンターに座って飲むときは、花子はいつも相方の膝の上。 可愛いホステス花子は膝に座るだけじゃなく、胸にもたれかかったり腕にかじりついたり、お酌はしないものの、おつまみを盗んだり、ビールを盗み飲みもします。 

花子の言い分によると、テーブルよりカウンターが高いので、カウンターの上にあるものが見えないし、自分だけ床にいるとぜんぜん仲間に入っていない気がするのよね。 だから膝に登るのよー。 だとか。 そう言っていたと、相方が教えてくれました(笑)

犬を飼おうと決めた当初の「きまり」がどんどん崩されていく今日この頃。 最近はソファーで昼寝も許されているし。 今にベッドまで侵略されそう。
[PR]
by ezoist | 2008-07-15 05:01 |
Mint Spring, Wilderness of Rocks to Aspen Trail @ Mt. Lemmon
里帰り前、最後のハイキングは Mt. Lemmon へ行ってきました。 サワロ国立公園へサボテンの花を見に行こうかと思っていたら、花子様から「もっと涼しいところへ連れて行ってくださいまし」と耳元でささやかれたので、急遽左に曲がって山へドライブ(笑) 標高約2800mのこの山のてっぺんは、まるで北海道な景色。 松や白樺が茂り、気温も下界(笑)に比べて10度から15度くらい低いのです。 私たちがツーソンに引っ越してきた一年前の2003年に、この山で大きな山火事があったのです。焼け残った黒焦げの白樺の木たち。 まだそこら中一面に立っています。 山火事の後、やっと新しい木が生えてきた・・・と思えば、夏のモンスーンの洪水で流されてしまったり、乾季が長く続きすぎて枯れてしまったり。 毎年数回ここを訪れては、早く山に緑が戻ってきますようにと願い続けてきました。 
f0020905_23554551.jpg
ハイキングトレイルを入っていくと、若い白樺の新緑が、朝日を浴びてキラキラと輝いていました。 今年の冬は温暖で雨も多かったのがよかったのでしょう、去年の秋には何も生えていなかったところにも50cmから1mくらいの木がたくさん生えていました。 よかったー^^ 焦げた真っ黒の木と新緑の瑞々しさのコントラストが妙に美しかったです。
f0020905_2356434.jpg
Mint Spring から Wilderness of Rocks Trail を歩いて Aspen Trail へと、大きく一周、約10マイル。 松ぼっくりや枯葉で覆われた登山道。 あちこちに湧き水の小川が流れていて、ここは北海道ですか?な景色。 日陰に入ると空気がツーンと冷たくて、まだ雪が残っていました。

これからモンスーンが始まるまでの一番暑い季節、ちょっと涼みに、花子のお散歩に、Mt. Lemmon に入り浸りそうです(笑) ここ、オススメです!
[PR]
by ezoist | 2008-05-14 23:56 |
Chiricahua National Monument
週末は、ニューメキシコ州アルバカーキーから写真友達が遊びに来たので、みんなで Chiricahua National Monument へ撮影ハイキングに行きました。 この日に初めて行ってから、いったい何度ここを訪れただろう? 南アリゾナで、一番か二番目に大好きな、写真欲をそそられる場所です。 ものすごい数の hoodoo (不思議な形に侵食された岩柱)。
f0020905_1335763.jpg
約10マイル(16km)のトレイルを、歩くこと8時間半。 あちこちで写真を撮りながらゆっくり歩いても、かなり長い道のりでした。 1ガロンの水と、カメラと望遠レンズと三脚、お弁当におやつ。 こんなに重たいバックパックを背負ってのハイキングは、すごく久しぶり。足より肩が疲れました(笑) 
f0020905_13174966.jpg
トレイルのあちらこちらに見られる、ギリギリのバランスでそびえ立つ巨大岩たち。長年の雨や風にさらされて、自然が作り出した芸術品。 上に乗ってる岩は、高さ10m以上あるものも。 側で撮影するのも、結構ハラハラドキドキ。
f0020905_1318141.jpg
"kissing rock"なんて、可愛い名前が付いている岩もあったり、名前は付いてなくても、ゴジラに似てるのとか、「鬼に金棒」の金棒みたいなのとか、隣のおじさんの横顔みたいなのとか、見ていて飽きない。
f0020905_13181797.jpg
車で山の上まで登り、hoodooを見下ろしながら歩き始めたトレイル、この大きな山の谷底まで下りたら、今度は hoodoo の間をくぐって練り歩き、そして下から見上げ、 鉄砲水が作り出したトンネルの中を通って登って登って・・・車に到着。 ぐったり(笑)

アパッチトレイルが南のグランドキャニオンなら、ここは南のブライスキャニオン。 グランドサークルには入っていないけど、行く価値ありですよ^^ もちろん、短いトレイルもあります。 行き方は、過去記事を参考に♪
[PR]
by ezoist | 2008-04-29 13:08 |
Apache Lake
今年も行って来ました! キャンピング@アパッチレイク。 やっぱり水のある景色はいいなぁ。 
f0020905_2338390.jpg
f0020905_1383128.jpg

[PR]
by ezoist | 2008-04-10 23:38 |