<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
今月、私の両親は、結婚40周年を迎えた。

うちの母は、毎朝キャベツの千切りを作り続けて40年。
父は、このキャベツの千切りを食べないと、一日が始まらないのだ。
毎朝、水が冷たい冬のあいだも、毎日毎日キャベツの千切りサラダを作る母。
時にはレタスの千切りや、にんじんの千切り、大根の千切り、
青じそや貝割れを混ぜてみたりもするが、
それはいつもキャベツが主役の千切りサラダなのだ。

たくさん作って作りおき、なんてことは絶対にしない。
毎朝、新鮮なサラダを作るのだ。
そんな母は、私が小学校の頃から働きだし、責任のある職にキャリアアップし続け、
今月をもって定年退職をする。

私が思春期の頃から母は、朝の7時過ぎには家を出て、夜は早くて7時半、遅いときは接待や付き合いをして帰ってくるので午前様なんてしょっちゅうだった。しかも、仕事を家に持って帰り、夕食後に母は書斎にこもり、夜中まで書類や公演の原稿を作っていた。それでも我が家では、出前をとったり、冷凍食品を食べたことがほとんどない。私と姉が大学を卒業するまで、カップラーメンさえ、うちの中ではほとんど見たことがなかった。いつも母の手作りの食事だった。インスタントの食材さえ使ったことはほとんどない。煮物やお吸い物の出汁も、ちゃんとカツオや昆布からとる。煮物に入っている人参は花形に切ってあり、おでんの大根もちゃんといつも面取りされていた。椎茸も亀甲に飾り包丁が入っていて、コンニャクも手綱に結んであった。

あの忙しい母に、どこにそんな時間があったのだろう?時間のあるときにまとめて煮物やおかずを作ったり下準備をしていたなぁ。お菓子も手作りだったなぁ・・・朝は誰よりも早起きで、サラダを作るだけではなく、朝食を作っている(卵を焼いている)あいだにラジオ体操も欠かさずしていた母。

母に比べたら、子供がいないぶん、それほど忙しいわけではない私。
それなのに、もうギブアップで今夜も冷凍のピザ。昨日は外食だった。

f0020905_1316328.jpgうちの相方の朝はフルーツで始まる。それも、ジュースじゃなくて、食べるフルーツ。
季節の果物を、食感や甘み、匂い、すべてを楽しみたいからわざわざ食べるのだ。しかも、最低でも2種類は毎朝食べたいなぁ、と、おっしゃる。

ここはアメリカなのだから、テーブルにりんごやオレンジを籠にでも入れてそのまま出して、「お好きにどうぞ」ってすればいいのに、といつも思うのに、できない自分に笑ってしまう。朝、ウトウトしながらフルーツをお皿に盛り付ける。どこからか母の言う「見た目も味のうちやで。赤、青、黄色を彩りよく、中高(なかだか)に盛って、海のものと山のものをバランスよく・・・・」が聞こえてきそうで(笑)。母がここに住んでいるわけじゃないのに、食べることに手を抜くのはバレなくても罪悪感なのだ。

40年後の私もまだ、「今日のフルーツは何と何にしようなか?」なんて考えながら、
朝から冷蔵庫に頭を突っ込んでいるのだろうか。。。

おまけ
[PR]
by ezoist | 2006-03-28 20:43 |
The 4th Avenue Street Fair
なんだか最近忙しい。何がそんなに忙しいのかって、仕事、仕事、仕事。
外国に住んで、仕事があることをありがたいと思わないといけないのだろうけど、
忙しすぎて楽しいことをする時間がないのは、ちょっといただけない。
最近は寝る時間も少ないし・・・

週末は疲れすぎて書斎に入るのさえいやだった。
ましてパソコンなんて見たくもない!っていうくらい目と頭が疲れていた。

もう限界!どっか行きた~い!と相方と一緒に家を飛び出して、
ダウンタウン近くのストリートフェア(お祭りみたいなもの)へ。
f0020905_13182111.jpg
出店がいっぱい。
若いアーティストのクラフトや絵画、アクセサリーや陶芸ものなど、見ていて楽しい。
あちこちからキャラメルコーンやバーベキューなどのいい匂い♪
路上では若いアマチュアバンドも注目をひこうとがんばっている。
あ~、忙しい日常をはなれるのって、楽しいなぁ、元気が出るなぁ。
で、歩きつかれた年寄りの私たちは、お花がきれいなお庭のあるバーで一休み(笑)。
f0020905_13231711.jpg
ストリートフェアを見て歩くこと、1時間。
座ってビール飲むこと2時間半。
いったい何しにダウンタウンまで来たのやら。
でも青空の下で飲む冷たいビールは格別に美味しいのだ。

もう、疲れ果てた私は、晩御飯の仕度をする気力さえ残っていないのに、
なんだか血タラタラの牛肉が食べたい。
「レアの、炭火焼のステーキが食べたい!」とオーダーを入れました。
f0020905_13262566.jpg
今夜のディナーは、相方作。
ぶ厚いニューヨークステーキに、ベイクドポテト、アスパラのニンニク炒め、
トマトとマッシュルームのグリルです。
あ~極楽、満足。あとは寝るだけ。
欲しいのは、日本の温泉のみ。

[PR]
by ezoist | 2006-03-25 21:30 |
週末旅行~Catalina Island, CA
キーボードを乾かしている間に(?)、先週末ロスに行ってきました。
相方が金・土とロスに出張だったので、それに便乗して、私は一日遅れの土曜日にロスに飛びました。
パスポートを更新しにロスの日本領事館へ行かなきゃ・・・と思っていたのでちょうどよかった!土・日・月の短い週末旅行。

私達のロス計画を聞きつけた、飲み友達のボブとサンディーも「一緒に行く!」と言い出し(しかも出発2日前に決定)、彼らはフェニックスから飛行機なので、向こうで合流することに。それにしても、先月遊びに来たチャドとデイシャもそうだけど、みんな尻が軽い・・・じゃなくて、腰が軽い。

じゃぁ、せっかく集まるんだからと、もともとツーソン出身で、今はオレンジカウンティーに住む、昔の飲み仲間のアーニーも誘おう!と電話をしたら、「もちろんOK!週末あけておくよ」と。本当にのんべえは腰が軽い(笑)。

みんなロスには何度か観光で行ったことがあるので、今回はアーニーのオススメのカタリナアイランドへ行くことに決定。ロスの南のロングビーチから、フェリーで1時間ちょっとのところにある島です。ゴルフ場あり、カジノあり、野生のバッファローがみれたり、ダイビングもできるし、あたたかい時期ならスノーケリングも。観光用のトロリーバスまである、大きな島。
f0020905_8525417.jpg
↑これがフェリー。水がきれい!
f0020905_8531193.jpg
海沿いの高いところには、やっぱり高そうな家がたくさん。
f0020905_8532390.jpg
ビーチ沿いにはかわいいお店やレストランが並んでいる。
f0020905_853498.jpg
やっぱりカリフォルニアは早いですね、もうお花が満開でした。

観光してショッピングしてカジノ行って・・・の予定が、ランチを食べに入ったレストランですっかり話が盛り上がってしまい、帰りのフェリーの時間までビールとおしゃべり。いったい何のためにフェリーに乗ってこの島まで来たのだろう?いや、海を見ながら美味しいビールと、仲間と、のんびり楽しい時間。それだけで、まぁいっか。

夜はビバリーヒルズにある「牛角」で久々の日本の焼肉。従業員もお客さんも、日本人だらけ。一瞬アメリカにいることを忘れてしまった(笑)。

月曜日は、私と相方はロスのダウンタウンにある、日本領事館へ。朝一で申請書類を提出し、3時半のピックアップまで、サンタモニカビーチをブラブラ。その頃から雲行きが怪しくなり、すぐにドシャ降り。すごい雨。アメリカ生活7年目にして初めて傘を買いました。雨じゃぁビーチにいてもつまらないので、ダウンタウン近くのリトル東京へ移動。領事館の方に教えていただいた、オススメのお寿司屋さん「鮨源」でランチ。叫びたくなるくらい、美味しかった☆やっぱりアリゾナのお寿司とは全然違う。ここでも一瞬アメリカにいることを忘れてしまいました。

その後、パスポートを受け取って、6時のフライトに間に合うようにドシャ降りの中を運転して空港へ。時間には間に合ったのに、この天気のせいでフライトが遅れているという。そのあと、どんどん遅れて、やっと私達の飛行機が飛んだのは、11時半だった。家に着いたらもう夜中の2時半。ぐったり。

せっかくロスまで行った週末旅行、なんだか何をしに行ったのかよくわからない。船乗って、島に降りてビール飲んで、戻って、焼肉食べて、雨にやられて、お寿司食べて・・・(笑)。友達とのおしゃべりと、美味しい食べ物&ビール。パスポートも無事に更新できたし、楽しかったからまぁ、いっか(^^♪
[PR]
by ezoist | 2006-03-03 05:33 |