<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Picacho Peak ~祝・登頂~
アリゾナに越してきてから、ずっと達成したい目標があったのに、
いつも不運が付きまとい、ずっとたどり着けなかったゴール。それは、
Picacho Peak (ピカチョ・ピーク)のてっぺんに登ること。
f0020905_011688.jpg
ピカチョ・ピークはツーソンとフェニックスのちょうど中間あたりに位置し、
フリーウェイを車で走ると必ず目に飛び込んでくる、この土地のランドマーク。

この2年間で挑んだ回数4回。
足をくじいて途中で断念したり、突風が吹いて先が見えなくなって引き返したり、
暑すぎて挫折したり、途中で携帯に電話が来て急な仕事が入ったり(!)で、
てっぺんに立つことはなく、ツーソン~フェニックス間を車で走るたびに
この岩山を睨み続けてきたのだ。

この連休、例年の5月末より涼しく (と言っても95F/32℃)、
再度チャレンジすることに。おにぎり作って水もたっぷり背負って、いざ Let's GOGOGO!

f0020905_0391711.jpgf0020905_0394461.jpg
途中、こんな綺麗な色の地衣類が岩肌のあちこちに見られ、
お花をたくさんつけたサワロサボテンも空に向かってまっすぐ伸び、リスやトカゲもたくさん。
ソノラ砂漠ならではの自然が満喫できます。
初めて立った頂上は12畳間くらいの大きさで、柵も何もなく、下を見れば四方絶壁。
f0020905_0433468.jpg
右にツーソン
f0020905_044172.jpg
左にフェニックスが、
お天気のいい日は双眼鏡などを使って遥か彼方に見えるそうです。
この日はなんだか埃っぽくて、あまり遠くまで見えませんでした、残念。
それでも、頂上からの景色は最高で、
眼下に広がる果てしないソノラ砂漠を眺めていると、
昨日までの悩みもストレスもすべてどこかへ消えていって、新たな力が湧いてきました。


チャレンジしたい方は、こちらを参考に♪
[PR]
by ezoist | 2006-05-30 09:00 |
すご~い偶然、出会いって不思議。
スペイン語のクラスの帰りに、本屋へ立ち寄ったときのこと。
前から欲しかった本を見つけ、久々に時間もたっぷりあったので、
コーヒーでも飲みながらちょっと読んで帰ろうかなと、スタバへ。
広い空の下、日陰になっている外のテーブルに座って本を読むのは気分がいい。
f0020905_323218.jpg

スタバの列に並んで待ってる間に、さっそく袋から出して本を読み始めた。
その本の先に、前に並んでいた女性のジーンズが目に入った。
あらら、私と全く同じジーンズをはいているわぁ、この人・・・と思いながら、
本に視線を戻すと、今度は前から「あら、同じTシャツね」と
その女性が振り向いて笑っている。
えええ!?!?
そんな偶然ってあるのですね。全く同じジーンズに、色違いの同じTシャツ。
思わず顔を見合わせてぷぷぷっと笑ってしまった。
なんだかへんな親近感がわき、自己紹介なんかして、
コーヒーが出来てくるのを待つ間、何気なくおしゃべり。

「仕事でメキシコに行ってきた帰りで、家に帰る前にちょっとコーヒーでも飲んで、リラックスしてから帰ろうと思って」と、彼女が言う。「メキシコのどちらへ?私も仕事で時々メキシコにいくのよ」ときくと、「私が行くのは、仕事柄、貧しいエリアなんだけどね」という。もっと話を進めていくと、なんと彼女は歯科衛生士で、ご主人は歯医者さん。ツーソンで開業している。彼女のお父さんとお兄さんもメキシコシティーで歯科医院を営んでいるそうで、この4人が一緒に、メキシコの山岳地のメキシコインディアンが住む貧しい地域に行き、口腔衛生の大切さを教えたり、歯ブラシや天然素材で出来たハミガキコを提供したり、年2回の治療とクリーニングを無償で奉仕しているという。なんて素敵なお仕事!

そして彼女が言うには、手付かずの自然と天然資源がたくさんあるメキシコの山岳地帯には、メキシコインディアンが今でも昔のままの生活をしており、政府の手が行き届かず、まだまだいろんな手助けが必要なんだ、と。障がいを持って生まれた子供たちもたくさんいて、学校教育さえない地域もある。そして、インディアンの言葉しか分からない子供たちも大勢いて、都市に出てきたとしてもスペイン語がわからないがために学校に行けないのだという。ようするに、そこだけ時間が止まっているかのように、とり残されているのだという。

そして私も、Wings of Angels の活動について彼女に言ってみた。分野と活動地域が違うにしても、仕事意識の向いている先に共通点もあり、彼女も興味深く話を聞いてくれた。彼女はメキシコインディアンの deaf の家族を知っているという。彼らの手話での会話をビデオに撮ったものがあるから、今度見せてくれるという。きっと、メキシコ手話とは違うものではないか・・・とても興味深い。そこから話はどんどん盛り上がり、気がつけば外は真っ暗。3時間も話していた。
お互いに連絡先を教えあい、また、必ず近いうちに会いましょう、と約束して家に帰った。
f0020905_32758100.jpg

なんとも不思議な出会い。いつか一緒にインディアンの村を訪問してみたい。
[PR]
by ezoist | 2006-05-11 23:00 | 仕事
お酒バトン、受け取りました!
初めてバトンというものが回ってきました。アメリカからとても清清しい呑みっぷりで、ビール情報を発信されている「いい酒・夢気分♪」の moribeer さんからいただきました。ビールが大好きな私としては、うれしい限りでございます。まだブログでしか知らない、一緒にお酒を飲んだことのないブロガーさんたちのムフフ♪な一面を知ることも出来そうで、楽しそう!以下、質問は moribeer さんのブログからコピペさせて頂きました。

質問は次の7つ。
Q1.酔うと基本的にどうなりますか?
Q2.酔っぱらった時の最悪の失敗談は?
Q3.最悪の2日酔いはどんな感じですか?
Q4.今、冷蔵庫に入っているお酒の量は?
Q5.好きな銘柄は?
Q6.最近飲んだ店は?
Q7.よく飲む、もしくは思い入れのある5品

Q8.ジョッキを渡す5人

わぁ、5人選ぶの難しいなぁ、みんなに渡したい。でも、今回は・・・

「祇園肴屋のまかない」の、gion-sakanaya さん。
「北海道で宿をやりたい!」の、エンジェルさん。
*「うつわやの、箸の上げ下げ」の tomawari-nikki さん。
「毎日を大切に」の maitai さん。
「砂漠生活」の hulahoneys さん。

よろしくお願いします☆

私のこたえは・・・
[PR]
by ezoist | 2006-05-07 18:34 |
Parker Canyon Lake
ツーソンから釣りに行くなら、ここ。
f0020905_11253091.jpg
Parker Canyon Lake は、入れ食い状態です、今の時期。
鱒系(虹鱒、サクラマス、ただの鱒)、Sun Fish、Cat Fish などが、ウヨウヨしてます。
二日酔いでも、釣れます(笑)。
f0020905_11313693.jpg
今夜は、釣ってきたKing Red River Trout で、またビール。
この魚は、北海道で言うところの、サクラマスってヤツです。
冷凍庫の中、マスだらけです。これからしばらく、マス料理が続きそう・・・
おつまみは、スモークサーモンと、おとなりから頂いた塩漬けにしたキュウリ、レモン、庭からとってきたディル、白ワインで洗ったトビッコをクラッカーにのせて。
すごい安上がりな自給自足ディナー。
二日酔いでも、またビールが美味しい肴、ご機嫌ヨロシュウ~☆

******

Parker Canyon Lake

ツーソンからI-10を東に進み、Exit 281 で降りて State Highway 83 号を南へ50マイルほど行くと、サインがあります。舗装していない道路を4マイルほどで到着。

トイレ、水、売店、キャンプグラウンドあり。
[PR]
by ezoist | 2006-05-06 20:00 |