<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
丘の上のクラーク博士の言葉 @ South Mountain Park, Phoenix AZ
午前中に入っていたクライアントとのミーティングが急にキャンセルになり、突然暇になってしまって、「ふらっとどこか行きたい病」が久々に顔を出した。もともと車の運転が好きな私は、時間があればどこまででも行ってしまう。エルパソに住んでいた独身時代は、自由にどこでもいける身だったので突然の「ふらっと病」にしょっちゅう襲われ、北に向かって5時間走りサンタフェまで行ったりなんてお決まりのコースで、山の中をグルグル走り回り、ニューメキシコ州の自然を満喫したものだった。12時間運転してヒューストンまで行ってしまったこともあったなぁ。結婚してからというもの、心が落ち着いているせいか、「ふらっと病」はおとなしくなり、「計画的に旅行」をするようになった。一人から二人になったのだから、当たり前か(笑)。
f0020905_7392159.jpg
今回のふらっと行った先は、フェニックスの南にあるSouth Mountain Park。フェニックスとその近郊の街を見渡せるこの山のてっぺんが好きで、用事があってフェニックスに行くときは何故か必ず立ち寄ってしまう、お気に入りのスポットの一つ。「○○と煙は高いところが好き」、まさにそのとおり!歩いてでも運転してでも、高いところに、山のてっぺんに行くのがとにかく好きなのだ。
f0020905_7394880.jpgf0020905_740131.jpg
丁度いい曇り空。気温は高くても、曇っていて太陽が隠れているだけで、こんなにも快適に外ですごせるなんて。途中で買ってきたチャイニーズのテイクアウトを山のてっぺんで一人ムシャムシャ食べて、お箸の袋にプリントされていた中国の文字を眺めていたら、なんだか急に字が書きたくなって、システム手帳のノートのページとにらめっこ。書いてみたのは「少年よ、大志を抱け」。なんでかな、高いところから街を見下ろすと、いつも浮かんでくるのは偉大なるクラーク博士のこの言葉。「クラーク博士、私の目標は低いのですが、志はいつも高く持ち続けていようと思っています。が、しかし・・・大志行深、それが難しいところで・・・」と、言い訳もしてみる。「大志行深」とは、仏教の教えによると「大きな志をたて、その目標達成のために、精魂をつくして実行することが自己を深めることになる。」という意味らしい。父方の祖母が亡くなったときに、出会ったお坊さんが、お説教の中でそんなことを言っていた。それだけが今でも心に残っている。夢見るだけじゃなく、叶えるために努力をしないと意味がないのだ。そんなことを考えながら(思い出しながら)ぼんやり空を眺めていたら、雲行きが怪しくなってきたので、帰路につきました。
f0020905_7433558.jpg

South Mountain Park は、こんな古い石造りの建物が魅力。
[PR]
by ezoist | 2006-07-21 20:00 |
Salt River Tubing ~4th of July~
7月4日は、アメリカの独立記念日で祝日でした。
私たちは月曜日もお休みをもらっての4連休。
毎年、連休の計画を立て始めるのが遅く、人気のある観光地はホテルやキャンプ場の予約がとれずに、とっても地味な連休を過ごしていたので、今年こそは!と、張りきっていたのに。
予定していたセドナが、山火事のため封鎖され、避難勧告が出てキャンプは中止。
じゃぁ、メキシコのロッキーポイントに行こうと思ったら、
一ヶ月前からホテルもキャンプ場も予約でいっぱい。
あぁ・・・今年も水のない山中でキャンプかしら・・・と思っていたら、
飲み友達のボブとサンディーから Tubing のお誘いが!
今回の連休の行きたい場所リストに入っていたのですが、
ツーソンから2時間のドライブを考えると、"飲みたい"私たちとしては日帰りではつらい。
と言う訳で、フェニックス郊外に住む彼らのお宅へ、泊りがけでお邪魔しました♪
私たちだけで楽しいことをする計画があると、いつも嗅ぎつけてくるチャドとデイシャも誘って。
もちろん、ニューメキシコ州からすっ飛んできました(笑)。

Tubing とは、ゴムの浮き輪のようなチューブに乗って、
ビール飲みながら(必須ではありませんが^^)、川に流されるのです(?)。
なんだかおかしな説明ですが、要するに漕がなくてもいい、
流れに身をまかせて・・・というわけです。
f0020905_1045494.jpg
周りはこんな岩山に囲まれて砂漠ですが、川は深いところで8~10フィート(2.5~3m)はありました。
川上に大きなダムがあって、水量調節をしているそうです。
f0020905_10452770.jpg
流れも所どころ速くなって、ちょっとスリルも味わえたり。
f0020905_10454333.jpg
スタートから終わりまで、長くて3時間半、短くて1時間半くらいです。
私たちは最長コースで楽しみました。
途中、ランチのために川岸に上がってピクニックも楽しみました。
次から次へと流されて行く人たちを見ながら、
ワインをあけて美味しいチーズやスモークサーモンをクラッカーにのせて、久々に集まった飲み仲間と相変らずの楽しいおしゃべりで、わははわははと時のたつのも忘れ・・・
やはり自然の中、太陽の下で飲むお酒は格別でした!

ランチも含め、スタートからゴールまでの時間は4時間半くらいでしたが、
6人でビールが41缶とワインが5箱(小さい箱)空いたって、えぇぇ~?
終わりに近い20分ほど、川に流されながら眠りに落ちたのは、
私とデイシャでした(笑)。すごい爆酔(睡)模様だったらしく、
しっかり写真に収められていました。

何はともあれ、無事に帰ってこれたし、楽しすぎた週末でした!

行ってみたい?こちらを参考に♪
[PR]
by ezoist | 2006-07-05 20:15 |