<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Historic Downtown ~Flagstaff, AZ~
f0020905_10362262.jpg
旅先で、どこで飲むか何を食べるか。これってものすごく大事なこと。
無難なチェーンレストランやファーストフードには、もちろん絶対入らない。 
その土地にしかない雰囲気、出来ればその土地の食べ物と地ビールも楽しみたいもの。
 
フラッグスタッフのダウンタウンは、かなりいい味出してます。 歴史の古い町並みがそのまま保存されていて、おしゃれなレストランやバーが通りに並び、歩いて見ているだけで楽しい。
私たちが今回選んだのは、Hotel Weatherford。 トラベルチャンネルや、ヒストリーチャンネルでもよく「お化けが住んでるホテル」として紹介される、有名なホテル。

f0020905_1224036.jpgお化けは怖いので泊まらなかったけれど、ここのパブでビール。 めちゃめちゃクラシックなアメリカらしいパブでした。 

昔で言うジュークボックスみたいなヤツ。 デジタル化した今はなんて呼ぶんだろう? とにかく、そんなマシンがプールテーブルのすぐ横にあって、ビリヤードしながら好きな曲かけて盛り上がれるわけです。 こういうの、久しぶりでなんだか嬉しい。 見つけてしまった、数年前のヘビーローテーション だったこの曲

この曲をかけたおかげで、ハーレー軍団のお兄さんたちとお友達に^^ ここで飲んでから、なにか美味しいものを食べに行く予定だったのに、すっかり長居してしまい、結局ここのピザやらフライドポテトやらをつまんでおしまい。 でも、楽しい旅先の出会いと思い出になりました!
[PR]
by ezoist | 2007-10-11 01:29 |
San Francisco Peaks ~ Flagstaff, AZ ~ ***秋を探しに***
高い高い青空に、白樺の葉っぱが黄金色に輝く北の秋。北海道の大好きな景色。
そんな景色を探して、ツーソンから北へ5時間、フラッグスタッフへ行ってきました。
白樺~ 青空~ 南風~♪ ではなくて、北風ピューピュー、木枯らしクルクルでした。
f0020905_161727.jpg
行ってきたのは、San Francisco Peak。 
アリゾナ州で一番高い山です。 標高12300ft (約3750m)。
登山・キャンプの予定だったのだけど、直前に天気予報で寒波の知らせ。
急遽ホテルを予約し、普通のドライブ・一泊旅行となりました。
正解。 日曜の朝6時、気温はマイナス5℃(23F)でした。
車のフロントガラスがシバレてました。 う゛~・・・さむさむ。
朝、霜が解けるのを待って、山のてっぺんにあるスキー場を目指してドライブ。
白樺と松の林をクネクネ登っていくと、
f0020905_13124323.jpg
オープンを待つスキー場 (Arizona Snowbowl) が。 
雪はまだないけど、スキーリフトに乗って、頂上まで。 
片道30分という長さ。 登って行くにつれて、どんどん空気がカキーンとツーンと冷えていく。

頂上からの景色は、パノラマ。 遥か彼方にグランドキャニオン、ちょっと南西にセドナの赤岩、
モニュメントバレーばあっちだよね・・・と、数ヶ月前に家族旅行で行った場所をひたすら探す。 

この景色を見下ろしながら、スキー。 最高だろうなぁ。 
そのてっぺんからの景色、リフトに乗っている間にディスクを入れ替えて、撮ったはずが・・・ 
ディスクを誤ってフォーマットしてしまった! 
ありえない・・・なぜ・・・。
と言うわけで、皆さんにパノラマ絶景をお見せできませぬ。 すみません。
でもねー、すごくいい眺めでした。

[PR]
by ezoist | 2007-10-09 01:12 |
エルパソ
いつもどんなときも、真っ青な空が私を待っててくれるはず・・・な、エルパソ。
何故か初日は土砂降り。土砂降りどころか雷雨+雹が降るなんて!
f0020905_345171.jpg

お天気はイマイチだったけど、いつもの笑顔たちが、何も変わらずに待っててくれました。
仕事は金曜日の半日で終わらせて、あとは時間を気にせず風まかせ。
同僚が仕事を終えるまで、他の友達とお茶したり、昔行ってた美容室に髪を切りに行ったり。
ハッピーアワーでビール飲んでバイバイした後は、食べ足りなくて昔よく行った和食屋さんに
ひとりで餃子とビールしに行ったり。 まるで独身時代のよう。 

翌日土曜日も、の~んびり起きて軽い朝ごはんを食べたら、友達訪問。
中途半端に小腹が減ったら、Chico's Tacos でおやつがてらロールタコ(ローカル人ネタでごめんなさい)。 今食べたばかりなのに、お昼には国境越えしてメキシコ側の街・ファレスでランチ。 お腹いっぱい、ホテルに戻って昼寝をしてたらケータイに「エルパソにいるんだって?」と電話が来た。 「15分後にスタバね」なんて、腰が軽いなーと驚きながらコーヒーで目を覚ましたら、

これからが今回の旅の大イベント

このブログにコメントを下さる、エルパソ在住のオシオシさん に会ってきました! 
すごいでしょ? もう大興奮です。
実は、オシオシさんとは8年半ほど前にインターネットを通じて知り合っていたのですが、
私がエルパソに住んでいた間に、実際にお会いするチャンスがないまま、私がエルパソを去ったのでした。 ツーソンに引っ越してきてから始めたこのブログを、オシオシさんが見つけてくださり、それからのご縁なのです。 そして、オシオシさんのブログのリンクのおかげで、ツーソン在住の他のブロガーさんたちのことも知ることができたのです。

そんなオシオシさんに、8年かかってやっとお会いできました。
 
思っていたイメージ通りのオシオシさん。 彼女のブログやコメントからも感じ取れるように、知的で思慮深い方、という印象。 まったくそのとおりでした。 弾丸のように喋りまくる自分が情けなくなるほどに、彼女のまわりには静かで穏やかな空気が流れていました。 それでいて壁がないというか、自然体。 ものすごく話しやすく、そして聞き上手。 そして私より4つも若いのだ(驚) 
なんなのだ?この落ち着きは? 
そしてこの私の落ち着きのなさは、いったいどうしたらいいのでしょう?(笑)
f0020905_234246.jpg
すっかり舞い上がって制御不可能な私は、お茶だけお邪魔するつもりだったのに、
気がつけば美味しいお鍋やビールまでご馳走になってしまっていたのでした。 
楽しかったおしゃべりの詳細は、オシオシさんのブログの方に。 
時間があっという間に過ぎてしまい、お別れの時間。 エルパソのローカルブランドの、美味しいサルサやディップのお土産まで頂いてしまい、もうどうしていいのやら。 
ものすごく素敵なオシオシさんご夫婦でした。 また会いたいです。
ツーソンにオシオシさんが来られる日には、ツーソンでオフ会しましょうね^^

というわけで、エルパソ一人旅は、出会いと再会で満たされた、とっても実り多い旅でした。

ちょっと前に書いた記事、「会いたい人には会いに行こう」、今回も会いに行ってよかった!


************

写真は、エルパソの東にある3つのミッション(カトリック系修道院/伝道所)のうちの一つ。
この修道院が並んでいる通りをミッショントレイルといい、観光に訪れる人も多い。
[PR]
by ezoist | 2007-10-02 03:44 |