<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
行ってきます♪ ~今日は満月です~
f0020905_13231437.jpg今夜夢のバスに揺られている 街はまだ眠る
晴れた夜に輝く月 どこまでもついてくる
十年前にもしもちょっと行けるのなら 何をしようかな
あの懐かしい 街に出かけ 月の影をめざして

気がつけば ほら、あの時の匂いがする
見覚えのある 石を蹴飛ばして夢見てる少年

晴れた夜には誰の後ろにも 月はついてくる
変わったもの 変わらないもの すべては胸の中に

回り続ける季節のない毎日も
振り向けば ほら、月の影は今 僕らの街の上

僕は夢のバスに揺られている 街も動き出す
ターミナルでUターンして 月の影をめざして
君の眠る街まで 伺気なく首肯いて

「月影」 by 斉藤和義

あと数時間で、空港に向かいます。 満月が空に輝いています。
ふと、この歌を思い出しました。 

今回の里帰りも、ライブ運悪そうです(泣) 
斉藤和義・スガシカオ・山崎まさよし・鈴木トオル・・・
だぁれも札幌に来ないんだなぁ(涙)
ipod にたっぷり詰め込んで、それでガマンな旅だな。
[PR]
by ezoist | 2008-05-18 13:29 |
春学期、終了。
f0020905_0195620.jpg今学期の仕事が昨日で終わりました。 今日から夏休みです。 
春学期の手話クラスの期末試験最終日だった昨日は、美味しい神戸ビーフバーガーとビールを、生徒達にご馳走していただきました^^ みんな、期末試験に向けて一生懸命勉強してあんなに頑張ったのだから、こっちがご馳走してあげたかったくらいなのに。 

 手話の世界にハマってしまって、毎日のように手話ラボに入り浸っていた生徒もいれば、一学期に毎週一時間という最低必須時間を何とか完了させた生徒もいる。 一学期100~150人くらいの生徒が最低一週間に一時間は訪れ、スタッフを相手に手話での会話を練習しに来る手話ラボ。 宿題を手伝ったり授業で分からなかったところの説明から始まり、週末をどのように過ごしたとか、恋の話、友達とケンカしたとか、他の科目の先生の悪口(笑)、どこのレストランの何が美味しいとか、オシャレの話、親が病気になって心配で勉強できないとか、妊娠してしまったーどうしようとか、生徒達は好き勝手なことを話題にする。 一学期を終える頃には、生徒の顔と名前どころか、どこの出身、家族の名前、友達の名前、どこで働いていて何を専攻していて、どこに住んでいるかまで完全に把握している自分がなんだか、「人生相談室のおばちゃん」化しているのがオカシイ(笑)

2年間で必須の4学期を完了した生徒たちとは涙のお別れ。 温かいお礼のコメントをよせて書いたカードを持ってきてくれたり、手作りのクッキーや小さなギフトを持ってきて、「ありがとう、忘れないでね!」ってハグをしてくれた生徒や、カメラやビデオカメラを持ってきて記念撮影をする生徒たち。 二年間の間に、「教える側と教わる側」という関係を通り越して、不思議な絆が生まれてしまうのです。 人とかかわる仕事は、自分の気持ちがついて行けない時にはキツイ時もあるけど、やっぱり「ありがとう」って言ってもらえると嬉しいものですね。 「こちらこそ」って一言で言える言葉は英語にはないけど、「こちらこそ色んなことを一緒に考えたり学ばせてくれて、ありがとう」と、そんな気持ちでいっぱいです。

この先も数学期残っている生徒達には、また秋学期に再会です。 そして秋学期には新しい生徒達との新しい出会いも楽しみです。 若いパワーに負けないように、私は夏休みを満喫して、充電しておかないと! 
[PR]
by ezoist | 2008-05-17 00:29 | 仕事
Mint Spring, Wilderness of Rocks to Aspen Trail @ Mt. Lemmon
里帰り前、最後のハイキングは Mt. Lemmon へ行ってきました。 サワロ国立公園へサボテンの花を見に行こうかと思っていたら、花子様から「もっと涼しいところへ連れて行ってくださいまし」と耳元でささやかれたので、急遽左に曲がって山へドライブ(笑) 標高約2800mのこの山のてっぺんは、まるで北海道な景色。 松や白樺が茂り、気温も下界(笑)に比べて10度から15度くらい低いのです。 私たちがツーソンに引っ越してきた一年前の2003年に、この山で大きな山火事があったのです。焼け残った黒焦げの白樺の木たち。 まだそこら中一面に立っています。 山火事の後、やっと新しい木が生えてきた・・・と思えば、夏のモンスーンの洪水で流されてしまったり、乾季が長く続きすぎて枯れてしまったり。 毎年数回ここを訪れては、早く山に緑が戻ってきますようにと願い続けてきました。 
f0020905_23554551.jpg
ハイキングトレイルを入っていくと、若い白樺の新緑が、朝日を浴びてキラキラと輝いていました。 今年の冬は温暖で雨も多かったのがよかったのでしょう、去年の秋には何も生えていなかったところにも50cmから1mくらいの木がたくさん生えていました。 よかったー^^ 焦げた真っ黒の木と新緑の瑞々しさのコントラストが妙に美しかったです。
f0020905_2356434.jpg
Mint Spring から Wilderness of Rocks Trail を歩いて Aspen Trail へと、大きく一周、約10マイル。 松ぼっくりや枯葉で覆われた登山道。 あちこちに湧き水の小川が流れていて、ここは北海道ですか?な景色。 日陰に入ると空気がツーンと冷たくて、まだ雪が残っていました。

これからモンスーンが始まるまでの一番暑い季節、ちょっと涼みに、花子のお散歩に、Mt. Lemmon に入り浸りそうです(笑) ここ、オススメです!
[PR]
by ezoist | 2008-05-14 23:56 |