<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Canyon de Chelly から Window Rock へ
この旅の最終日は、ニューメキシコ州から西へ走りアリゾナ州へ戻り、Canyon de Chelly(キャニオン デ シェィ)へ。 赤岩に囲まれた緑の谷。 ここは国定公園なのですが、ナバホインディアン居留区の中にあり現在でもナバホ族が普通に日常生活をしています。
f0020905_821717.jpg
f0020905_8213816.jpg谷底にはこの岩を削ってキャニオンを作った川が流れ、ナバホ族が酪農・農耕をしながら生活をしています。 公園内はグランドキャニオンみたいにノースリムとサウスリムに分かれ、ビューポイントが点在する道路が二つあり、そのビューポイントのほとんどが、谷を見下ろすようになっていて、谷底にはガイド付きのツアーに参加しないと下りて行けないようになっています。 上から見ているだけでも、すごく感動的な景色。 私の個人的な印象では、グランドキャニオンを初めて見たときより心を揺さぶられました。 その色のコントラスト・奥行きの深さ、スペイン人たちが侵略してきた頃の歴史、悲しい物語・・・そして今目の前で見ているナバホの人々の生活。 この谷で生まれ育ったナバホの人々を見ていると、ここが単なる観光地ではなく、こんな穏やかで美しい土地にも歴史があり、そこに住む人たちの思いがある・・・とても厳かな気持ちになります。

たくさんあるビューポイントの中で、White House と呼ばれる遺跡があるトレイルだけは、ガイドなしでも個人で谷底へ下りることが出来ます。 往復約4マイルほど。 こんな(↑←)トレイルを下りて、谷底を歩き、大きな岩の裏側にまわると、そこには建てられた時のほぼ原型をとどめたままの岩壁居住跡がありました。 (↓) 
f0020905_822675.jpg
キャニオン デ シェイと言えば、スパイダーロック。 というくらい有名なこの岩(↓)。 谷底にそびえる高さ240mの岩は西部劇の撮影場所としてもよく使われましたが、ナバホの人々にとっては「聖なる岩」と崇められている岩。 それもそのはず。 自然が創り出したものの「美しい」だけでは済まされない力強さ・崇高さ。 言葉が出ません。
f0020905_8223245.jpg
もっともっとここにいたかった。 この次は、もっと長居して、キャニオンツアーに参加して、今回行けなかったエリアにも絶対行こうと思う。

************
そして、アメリカインディアン最大の人口と最大の土地を誇るナバホネーションの首都、Window Rock へ。 ナバホの土地は、アリゾナ州全体の1/4を占めるといわれています。 ここには、ナバホネーションの議事堂や行政機関が集まっています。 Window Rock はその名のとおり、ぽっかりとまぁるい穴の開いた、巨大な岩壁。
f0020905_8225829.jpg
f0020905_8232873.jpgナバホ族は第二次世界大戦中、アメリカ軍の暗号通信に従事し、外国の軍が盗聴・解読できない部族の言葉を無線交信に使ったことからコードトーカー(code talker)と呼ばれ、その暗号(code)を日本軍が解読できなかったため、日本軍は硫黄島やグアム・サイパン戦に敗れたと言われています。

(←code talker の銅像)

今でも、このWindow Rock をはじめ、ナバホネーションのいたるところにその歴史が語られているのをみることが出来ます。

これにて、ネイティブアメリカン・聖なる地の旅の記録はオシマイ。 
次なるアドベンチャーの前に、全部書けてよかったー・・・。 

そんなわけでこの週末はまた、岩+温泉キャンプへ行ってまいります^^
[PR]
by ezoist | 2008-09-27 08:23 |
Chaco Culture National Historical Park
f0020905_9135995.jpgタオスから始まって Jemez Springs までは、Santa Fe National Forest という標高も高く涼しく緑がいっぱいの国有林地帯にいたのですが、ここから先はまた荒野の砂漠へと戻って行きました。 ハイウェイを北へ走っているのに、標高がどんどん下がっていくにつれ、緑はなくなり気温はぐんぐん上がり、ただひたすら続く砂漠の景色へと変わっていきました。 緑と水の多い森林も清清しさを与えてくれ、大いにリフレッシュできましたが、やはり乾いた砂漠に戻ってくると力強い生命力みたいなパワーを感じられ、思わず飛び跳ねたくなります。 

「退屈」と言われがちな砂漠ドライブですが、私は好きです。 木や草が生えていない土地には地層が剥き出しになっていて、何千何億年前に海の底だった層、火山活動により土地が隆起した跡が波打つように岩山を作り、その上に火山灰の層が出来、噴出した黒い溶岩がゴロゴロ転がっている・・・Jemez Springs から San Ysidro を通って、Cuba までの550号は、そんな景色が繰り返し1時間ほど続きます。 ナショナルパークでもないのに、道路を走って景色を眺めているだけで、この土地の歴史や地学が学べます。 Jemez Springs から US Highway550 を北へ、次に向かったのは Chaco Culture National Historical Park

Chaco Culture National Historical Park (チャコカルチャー国立歴史公園)は、ネイティブアメリカンの遺跡では北米大陸最大と言われており、タオスプエブロと同じく、世界文化遺産に登録されています(1987年登録)。 
f0020905_3241993.jpg
一日目は、私達が大好きな"Rock Art"を見に、岩壁に沿って7.5マイルのトレイルを歩きました。 "Rock Art"とは、先住民が住んでいた土地の岩や岩壁などに彫刻を残したり(Petroglyph ペトログリフ=岩面彫刻)、岩石や土から天然の顔料をとり、岩壁に絵を書いて残したもの(pictograph ピクトグラフ=絵文字)。 ↑こんな荒野の砂漠を岩壁に沿って往復7マイルのトレイルを歩きました。
f0020905_2573418.jpg
ここにプエブロインディアンが住んでいたのは800~1150年頃と言われていますが、これは現代のポップアートか?と思えるほど笑いのセンスありです^^ 中には、コヨーテや馬とフェンス、アンテロープなど、身近な動物も見られますが、人間の描写が!世界のナベアツさんかと思っちゃいました(↑左下)。

f0020905_3243762.jpgそして、トレイルの一番終点にあるピクトグラフ、Supernova(超新星)。 1054年7月に爆発した超新星を記録したものと言われ、この他にも、チャコキャニオンでは何百年もの間、プエブロインディアンによって天文観測や占星術が行われていたようで、天文観測に基づいて建てられた建造物や、春分の日・秋分の日・夏至・冬至にだけ、岩壁に彫られた絵とそこに立っている岩の陰が重なって一つの絵になるペトログリフがある丘など、とても興味深いです。 そんな「星を見る人々」が住んだチャコキャニオンは、パワースポット・ヒーリングスポットとしても知られています。 

この日もまた、キャンプです。 公園内にある、Gallo キャンプ場。 岩壁にぐるっと囲まれていて、外灯もなければ何もない、1000年前にプエブロインディアンたちが住んでいたときのまま、何も変えられていない土地です。 最寄の町から数時間、砂漠のど真ん中。 岩と砂以外何もない。 川もないから水の流れる音もなし。 夕日が沈んでいくのを眺め、月が昇ってくるのを見守り、空いっぱいの星を見つめる。 ここに住んでいたら、それ以外にすることないですね(笑) でもこれが不思議に飽きないのです。 怖いくらいの星の数、どこに何の星座があるんだか分からないくらい、空が星だらけ。 「星が降って来る」っていう、あの感じ。 本当にこうして岩の上に座って、何時間でも夜空を眺めていられるくらい、静寂につつまれた時間でした。 なんだかとても貴重な体験をした気分。  
f0020905_3245077.jpg
この日は、ここに来る途中に寄ったナバホの居住区で分けてもらった鹿肉と、オマケで貰ったなんだかよく分からない自家製のお酒(笑)で晩御飯。 しばしインディアンになった気分を味わいました。 しかし、あのお酒は何だったのだろう?

***********

翌朝は、日が高くならないうちにテントをたたみ出発、北米大陸最大といわれている大きな遺跡を上から一望できるところへ歩きました。 といっても、トレイルは片道1マイルと短かったです。 ただ、狭い岩壁の間を両手両足使って登る所がありました。

上から見たプエブロ・ボニート。 集落の遺跡というよりは、古代都市。 このプエブロボニートがある辺りは、ダウンタウンチャコと呼ばれ、他にも大きめの遺跡が回りに点在しています。 このプエブロボニートは300年の年月をかけて建てられ、4階建て600部屋に、40のキヴァ(儀式を執り行う円形の部屋)があったそうです。 写真ではこの遺跡自体がどのくらい大きなものなのかが分かりにくいと思いますが・・・この遺跡の左側部分に絞った写真(二段目右)のキヴァの中に人が写っています。
f0020905_9242361.jpg
ここはかつて、プエブロインディアンの中心地であり、近隣の他のインディアンとの文化的・経済的交流が行われていた場所でした。 現在でもプエブロインディアンとその末裔であるホピ・ナバホインディアンにとっては聖地であり、国立公園として指定されているにもかかわらず、その聖地性を保つため、道路は舗装しないままだし、遺跡の補修もほとんどなされていません。 星の観測記録に次いで驚かされたのは、その土木・建築技術の高さと芸術性の高い建築デザイン、精巧さ。 世界文化遺産に指定されるだけのことありますね。 ここ、お近くの方は一度は行って見る価値ありですよ^^ 
[PR]
by ezoist | 2008-09-23 12:26 |
Bandelier National Monument からまたまた温泉~Jemez Springs~ New Mexico
翌朝は朝からネイティブアメリカンの遺跡のある Bandelier National Monument へ。 

バンデリア国定公園へ向かう途中、サンタフェから車で約一時間の高台にロスアラモスという町があるのですが、第二次世界大戦中に原爆の研究が行われ、原爆誕生の地としても知られるロスアラモス国立研究所がある町です。 現在でも、一般人は立ち入り禁止な原子力の研究所がたくさんあり、セキュリティーも厳重で、町を抜けて公園へつながる州道501には検問所もありました。

そんな「科学の町」な高台から見下ろす Frijoles Canyon (Frijoles = フリホレス、スペイン語でインゲン豆) という峡谷のふもとに、ひっそりと、しかしかなり大規模な集落の居住跡が残されています。 このフリホレスキャニオンには1万年前から狩猟民族が行き来していた痕跡が残されているそうです。 そんな前から?!って知ってしまうと、「私もここに住んだことがあるかもしれない・・・なんだか懐かしい気がする!」なんて、思えてきてしまうから不思議です(笑)
f0020905_1164751.jpg
ここにアナサジ族が住んでいたのは1150~1550年頃とされていますが、この時代のプエブロ民族の居住跡とこのバンデリア遺跡の大きな違いはその建築法。 Gila Cliff DwellingsMontezuma Castle などのように、もともとあった岩壁の大きな洞穴を利用して日干し煉瓦で壁を作って住居にしたのと異なり、バンデリアは岩壁を掘って穴を作った横穴式住居。 一つ一つの部屋はとても小さく、中で隣同士の部屋が迷路状につながっていたり、高いところは梯子を使わないと入れなかったり。 穴の中の天井は、真っ黒。 火を使っていた跡ですね。 そんな穴がこの岩壁の下のほうにずーっと続いているのです(だからインゲン豆なのか?)。 このあたり一帯がもともと火山地帯だったので、火山活動によって出来た火山灰の層はやわらかく、掘りやすかったのでしょう。 賢いなぁ、昔の人は。

**************

そして、歴史のお勉強のあとはまた、お楽しみの野湯へ。 Jemez Springs へと向かいました。 Jemez Springs は野湯も公共のお風呂もある、言ってみれば「小さな温泉郷」。 私達はまずは野湯から。 たくさんある中から今回は3箇所選んでいたのですが、そのうち二つは直前3日ほど降り続いた雨により道路が悪く山に入れなかったり、雨で水量が増えた川が温泉に流れ込んでお湯が冷たかったり。 で、やっと入れたお風呂が Spence Hot Springs。
f0020905_1172094.jpg
感動でした。 今まで訪れてきた野湯の中で一番景色がいい! 山の中腹にあるこの岩風呂、目の前に広がる景色、私の背後に高級温泉リゾートホテルが建っていてもおかしくないロケーション。 ほんと、数万円払って泊まった山の上のホテルの露天風呂にいるような眺めでした。 しかもこの岩風呂は二段になっていて、上の段から下の段に流れ落ちるお湯はまさに「打たせ湯」。 極楽~♪ お湯に浸かりながら、ワインとクラッカー、チーズなどで軽めのランチピクニックを楽しみました。 ここ、すっごいオススメです。

さてお次は、石鹸使ってもオッケーなバスハウスのある温泉へ。 Jemez Springs の町にあるThe Giggling Springs という小さいけど可愛らしいお風呂です。
f0020905_117406.jpg
露天風呂が一つ。 でも、ここのお風呂の温度はかなり日本の温泉の温度に近いかも。 最初の一歩が「あちちっ」って思うくらいのいいお湯。 夕方になってかなり気温が下がってきていたので熱いお風呂に大満足でした。

この日は、Jemez Springs から2マイル南へ行ったところの Vista Linda キャンプ場でキャンプ。 事前に調べたところ、このJemez 山にはたくさんキャンプ場があるのですが、季節によっては超乾燥地帯なため、キャンプファイヤー禁止なキャンプ場が多いのです。 この Vista Linda キャンプ場は川っぷちにあるため、キャンプファイヤーオッケー。 これ大事です。 ここはセドナ?って思っちゃうくらいの赤岩キャニオンに囲まれた、キレイなキャンプ場でした。 
f0020905_118076.jpg
この日の晩御飯は、鶏の手羽先焼き、焼きとうもろこし、インスタントお味噌汁にビール。 せっかく石鹸使ってお風呂に入ったのに、煙モクモクの手羽先焼いたら、すっかり焼き鳥屋さんの匂いに包まれてしまいました。 キャンプなんてそんなもんですね。 朝ごはんはジャーマンポテトです。

帰ってきてもう一週間が経ってしまいました。 と同時に仕事に戻ったのもあり、更新がままならない状態ですが、旅の記録はまだ続きます。 興奮が冷めないうちに更新したいと思っていますー。 あと、野湯への行き方、詳細なども時間のあるときに記事に追加していく予定です。 気長にお付き合いくださいまし♪
[PR]
by ezoist | 2008-09-16 01:08 |
温泉巡り ~Manby, Black Rock Hot Springs, Ojo Caliente~ New Mexico
ホテルのジャグジーで飲んだくれて夜更かしした翌日は、アルコール抜きにテキメン効果の野湯巡り(笑)。
タオス周辺にもあるんです。Rio Grande (リオ グランデ=スペイン語で「大きな川」の意味)沿いに、ワイルドなのが。 リオ グランデ川は、コロラド州に源流があり、ニューメキシコ州の真ん中あたりを北から南に流れ、私が以前住んでいたテキサス州エルパソを通ってアメリカ-メキシコの国境に沿ってメキシコ湾まで流れていて、国境の川としてよく知られています。

ひとつめの温泉は、Manby Hot Springs。
f0020905_634882.jpg
リオ グランデ川のすぐほとりにあり、岩で作られたお風呂が4つありました。 お風呂の底は砂。 昔ここに温泉保養地があったらしく、建物の跡がいい感じに日陰を作ってくれていました(午前中)。 川の水面と温泉の水面がほとんど同じ高さで、お湯に浸かって川を見ると、向こうはザーザーと音を立てて流れているのに自分が浸かっているお湯は何と静かなことか。 目をつぶって川の流れる音を聞きながら、何時間でも入っていられそうないいお湯でした。

ふたつめの温泉は、Black Rock Hot Springs。
f0020905_64613.jpg
同じ川沿いの数マイルしか離れていないところにあるので同じ景色に見えますが、ここは温泉から川を見下ろす感じ。 お風呂は二段になっていて、上のお風呂のお湯のほうが熱かったです。 どちらも入浴料無料の野湯。 私達が行ったのは、平日の火曜日だったので、誰にも会わずに完全貸切でした。 地元の人の話によると、週末は裸族がいっぱいだとか(笑)

タオス周辺の野湯を二ヶ所回ったあとは、リオ グランデ峡谷へ(↑写真下段左と中央)。 高さ650feet(約200m)、長さ1280feet(390m)のこの橋は、アメリカで3番目に高い橋です。 さすがに見下ろすと、ふくらはぎがもちょもちょします。 観光バスや大きなトラックが通るとすっごく揺れるし、風も強いので写真なんかゆっくり撮っていられる余裕はありませんでした(笑)

その後は、この日の宿泊場所、Ojo Caliente (オホ カリエンテ=スペイン語で Hot Eyesの意味)へ。 ここは野湯ではなく、創業140年の老舗温泉リゾートです(ただいま規模拡大・改装工事中)。 ホテル・レストラン・カシータと呼ばれる小さい家みたいな宿泊施設に、RVやテント用キャンプ場付き。 お風呂は温泉水を利用した温水プールにジャグジー、そのほかに熱いお風呂が6つあります。 そのうち1つ以外はみんな屋外で、大きいお風呂は私が立ってあごが浸かるくらい深いのもあります。 暖炉付きのプライベートバスもあります。 日本風を意識した作りのサンタフェの萬波とは雰囲気も全く違って、建物もランドスケーピングもすべてサウスウエスト風。 夜は切り立った岩壁をライトアップしたり、照明はかなり暗めで雰囲気抜群です。 その為、12歳以下のお子ちゃまは、夜6時以降はプライベートバスしか入れません。 お風呂とスパエリアは "Whisper Zone" と呼ばれ、みんな静かにお話しましょう・・・という暗黙の了解があり、瞑想している人もいます。 そのような雰囲気だったので、お風呂の写真はほとんど撮れず。
f0020905_642864.jpg
そして・・・ここのホテルはリゾートなだけに「ペットお断り!」なので、私達はキャンプ場でキャンプ。 でも、ここのキャンプ場に泊まると、入浴料が半額になります^^ 私達は川に一番近いところに陣取り、満天の星空を見ながらオクラホマから持ってきたオーガニックビーフでステーキディナー。 サラサラと流れる川の音を聞きながら眠り、朝ごはんにはグリーンチリをたっぷり入れたスクランブルエッグ入りブリトー。 私達、キャンプ上手だな(笑)


[PR]
by ezoist | 2008-09-10 23:15 |
Taos, New Mexico
オクラホマを早朝に出て車で8時間、ニューメキシコ州のタオスで最初の一泊。 
タオスは、ニューメキシコ州の北部、サンタフェから約70マイル北に位置する小さな町。高い山に囲まれスキー場もあるこの町は、町の中心の広場(プラザ)を中心に、町のほとんどがアドビ建築の建物で統一されていて、芸術家もたくさん住んでいる「小さなサンタフェ」といった感じ。ネイティブアメリカンの一部族でもあるプエブロ民族が1000年以上にもわたって定住し続けているタオスプエブロは世界文化遺産にも登録され、現在でも2000人以上が電気も水道もないプエブロで生活を続けています。
f0020905_4275061.jpg
雪のある時期にスキーをしに何度か訪れたことがあったタオスの町。 雪がないと雰囲気がガラっと変わります。 プラザ周辺や、San Francisco de Asis 教会などを見学してホテルへ。 タオスの後、キャンプ3連泊を計画していたので、この日はホテルステイ。 予約なしで行き当たりばったりで探してみたら、屋内プールとジャグジーがあり、しかもDog friendly というホテルがありました。 ラッキー。 ホテルのプールでひと泳ぎした後、花子はお部屋でお留守番、私達は町へくり出しました。 どこか町へ滞在するときはいつも「豪に入ったら豪に従え」で、まず地ビール屋を探します。 何軒かあったら地元民に聞いて、観光客よりも地元民に人気のところに行きます。 「ビールだけじゃなくて、ここのグリーンチリシチューが最高だよ!」という情報をもとに、ESKE'S へ。 ニューメキシコ州といえばグリーンチリですから、しかもこの時期は収穫期。 グリーンチリシチュー食べない理由はありません。 すっごく辛くて美味しかったです。 ビールにぴったり。

ホテルに戻ったら、花子はベッドで大いびきで爆睡。 オクラホマでは他の牧場犬達と同様、リードなしで一日中牛を追いかけて走り回っていたので、よっぽど疲れていたのでしょう(笑) このまま晩御飯も食べずに眠り続けました。 私達もこの先のハイキング・キャンプに備えて早寝・・・のはずだったのに、ホテルのジャグジーがあまりに心地よく、しかもドイツから観光に来ていたご夫婦と話が盛り上がり、次々と運ばれてくるビールも美味しくて、予定外の夜更かしをしてしまいました。 まぁ、これも楽しい旅の思い出です^^ 翌日はお風呂三昧だったので丁度よかったのかもしれません(笑)
[PR]
by ezoist | 2008-09-09 09:13 |